話題のトップページへ戻る



一目ぼれは外見(きっぱり)

苦手な顔って人それぞれ違いますよね。それは人によってかなり異なるもの。正統派の美形の顔が好きな人もいれば、ちょっと個性的な顔の人が好きな人だっていますよね。ただ生理的に受け付けない顔の芸能人ってかなりいるのはなぜなのでしょうか?

以前の女性の好みに比べて今の女性の好みも変わってきていますよね。昔に比べて草食系男子が好まれていますよね。恋愛対象も生理的に無理な顔の人は恋愛対象にもならないみたいですね。

 

子供の頃、女子に人気があったのは活発でスポーツが得意な男子でした。女性は初デートなどで、男性がご飯をご馳走してくれるかどうかを気にしてしまいます。他の人はNGなのに、好きな人のにおいってなぜか心地よく感じてしまいます。

じつはこれ、科学的な根拠があるそうなんです。進化政治学を研究している森川友義教授の著書『一目惚れの科学 ヒトとしての恋愛学入門』には、これまでなんとなく“女ってこういうものだよね”と思っていたものに科学的な裏づけがあることを教えてくれます。

この本を参考に、五感(視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚)を駆使して素敵な男性を見つけるヒントをご紹介します!

女性が選ぶ男性のポイントは狩猟採集時代から変わっていない!?

ヒトの遺伝子は、狩猟採集で生活を営んでいた時代からほとんど変わっていないとご存知ですか? そのため、私たちが素敵だと思う異性は狩猟採集時代に魅力的だった人たちだ、と言うことができます。女性から見ると“狩猟が上手で、獲得した獲物を分け与えてくれて、母子を守ってくれる人”が魅力的な男性です。

だから、スポーツが得意な男の子は、運動神経があり、体力がある=狩猟が上手となり、人気が出るようです。

さらに持ち帰った食料をどの女性にどのくらい分配したかが、当時の女性にはとても重要だったため、その名残で、自分に食料を分配してくれる=男性がご飯をご馳走してくれるということが恋人選びのポイントになっているようです。

出典http://www.excite.co.jp/News/laurier/hunting/E1363152827988.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

close Don't Show Again