話題のトップページへ戻る



頭のおかしい母親・・

 朝日新聞の読者投稿欄「ひととき」に掲載された、大学1年生の娘をもつ母親の文章がインターネット上で反響を呼んでいる。

「誰もくれなかった。(可愛い子だけ)見極めているからと男の子たちが言ってた」――。入学式の日、他大学の男子学生が配るサークル勧誘のビラを1枚ももらえずに落ち込む娘のことを綴ったものだ。

  • 女子大近くにはサークル勧誘目的の男子学生が集まっていたが…(画像はイメージ)
女子大近くにはサークル勧誘目的の男子学生が集まっていたが…(画像はイメージ)

「『こういう風に傷ついてきたんだ』とはっとして…」

投稿者は大阪府吹田市の主婦(54)。「娘よ、元気出して」とのタイトルで、2016年5月5日付の朝日新聞朝刊(大阪本社版)に掲載された。

文章によると、投稿者の娘はこの春、ある女子大の薬学部に進学した。入学式当日、駅から大学まで一緒に歩いていると、学生が花道を作ってサークル勧誘のビラを配っていたという。その多くは、近くの国立大の男子学生だったそうだ。いわゆる「インカレサークル」の勧誘なのだろう。

ところが、ビラは娘の手には渡らなかった。「誰もくれなかった。(可愛い子だけ)見極めているからと男の子たちが言ってた」と娘。母親がよく観察してみると、娘の頭越しに後ろの子にビラを渡していたこともあった。最初は怒っていた娘も、帰りの電車では涙を流していたという。

母親曰く、娘は「地味な子」。中学の時に男子にからかわれ、容姿に自信をなくしたという。高校ではおしゃれをするなど努力していたが、それも高2でぱったりやめ、笑顔も消えてしまった。だが、どこかのタイミングで心機一転したい思いがあったようで、入学式は生まれて初めて薄くメークをして臨んだという。

「娘はいつも『男子はきらい』と言う。私は娘に『男の子を理解できる度量を持てればいいのに』と思っていた。だが『こういう風に傷ついてきたんだ』とはっとして、私も心が痛んだ」

勧誘目的の男子学生にことごとくスルーされ落ち込む姿を間近で見て、胸が締め付けられたようだ。その上で母親は「でも娘よ」と切り出すと、最後にこんなエールを送った。

「目標に向かって努力できる才能を認めてくれる友だちをつくって、笑顔で大学生活を送ってね」

出典:http://www.j-cast.com/2016/05/11266396.html?p=all

 

この記事読んでみなさんどう思いました?

一見お涙頂戴ですが、冷静に考えるとこの内容やばすぎません?

この母親にしてこの子あり、ですやん完全に

もっと世の中の本質をきちんと子どもに教育として伝えなければいけません

この子の容姿が勧誘されなかった一番の原因なのは誰が見ても明らかでしょう

なのにこの母親は、一瞬理解ができそうになりつつも、最後の文で完全に本質逃れを指南してしまっていますね。

世の中容姿ですよ、誰がなんと言おうと、特に女性は

女性は可愛く産まれてきた時点である程度の人生勝ちモードと言われているのはあながち間違いではありません。

可愛い容姿の子が集まるとこ→詳細

逃げてはだめなんですよ、現実を突きつける必要があるんです、親には。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

close Don't Show Again