話題のトップページへ戻る



パナマ文書、隠された裏側とは

【ワシントン時事】タックスヘイブン(租税回避地)に関する「パナマ文書」の分析に当たる国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ、本部ワシントン)は9日午後(日本時間10日未明)、タックスヘイブンに設立された約21万4000法人の情報をホームページで公開した。

「適切に納税」「当局に開示」=パナマ文書の日本企業

ソフトバンクのグループ会社や伊藤忠商事、丸紅などの名前を含んでおり、実態が不透明なタックスヘイブンを日本企業が幅広く利用していることが明らかになった。

公開されたのは英領バージン諸島や米ネバダ州、香港をはじめとする21カ所の登記情報など。日本関連では設立された24の法人のほか、400近い出資者などの名前があった。ソフトバンクは取材に「中国企業の要請で出資したが、撤退した」と答え、伊藤忠と丸紅は「適切に納税している」と説明した。インターネット通販大手の楽天やUCCホールディングス(本社神戸市)の代表らの名前も公表されたが、いずれの関係者も適切な税務対応を講じたと強調した。

タックスヘイブンは税率が低いほか、法人設立手続きが容易とされ、多くの企業が節税以外の目的でも利用している。日本では利用者が適切に所得などを申告すれば、脱税に当たらない。

パナマ文書をめぐり、アイスランドのグンロイグソン首相が4月に資産隠し疑惑で辞任。ロシアのプーチン大統領のいとこ、イーゴリ・プーチン氏と同姓同名の人物や中国の習近平国家主席の義兄がそれぞれ英領バージン諸島の法人に出資していたことも判明した。現時点で日本の政治家の名前は確認できていない。ICIJは情報公開で幅広く協力を求め、実態解明を進める意向だ。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000009-jij-int

出典:http://gigazine.net/news/20160406-panama-papers/

 

大変なニュースが流れました。

日本のそうそうたる企業の名前が挙がっております。

以前も似たような事件で、ケイマン諸島のリストが一部話題になりましたが、これは完全に報道規制がかかり、日本のメディアではほとんど扱われませんでした。

今回も似たような側面があります。

この報道はあくまで実態を隠すいわゆる”隠れ蓑”で、このニュースの実態はもっともっと深刻なものであります。

冗談抜きで、この一件がきっかけとなり、国際問題として争いにまで発展する可能性を十分に秘めています。

続き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

close Don't Show Again