話題のトップページへ戻る



DAIGOプロポーズソング「KSK」に込められたとあるメッセージ

歌手でタレントのDAIGO(38)が、先月29日に行った女優の北川景子(29)との結婚披露宴で歌い、話題になったプロポーズソング「KSK」の緊急リリースが5日、決まった。20日から「レコチョク」で期間限定配信され、来月15日にCDシングルが発売される。レーベルはザインレコーズ。

題名の「KSK」は昨年8月、DAIGOのプロポーズの言葉「結婚、して、ください」を略した“DAI語”。世界の全人口約70億人の中から出会えた「キセキ(奇跡)」の意味も込められたロックバラードで、北川は感涙。会場は大きな拍手に包まれた。

披露宴翌日から「全編を聴きたい」「結婚式で使いたい」と、レコード会社に約1000件の問い合わせが入るなど音源化を望む声が殺到。またDAIGOが自身のブログで「音源化したほうがいいかな?どうかな?」と書き込んだところ、多くの好意的な意見が寄せられたため、レコード会社が緊急会議を実施しシングル化が実現した。

CDはDVD付きの初回限定盤と、CDのみの「ウエディング盤」の2種類を発売。ウエディング盤のジャケットは、披露宴の出席者に限定で配られたCDと同じもの。2人が交際中にすれ違いを埋めるために始めた交換日記の表紙をモチーフにした写真だ。

披露宴では新郎あいさつで「今日歌ってみて思いました。これはイケるんじゃないかと」と自画自賛し、爆笑を誘ったDAIGO。「奥さんも喜んでくれたので、今後も大切に歌っていきたいと思います。KSK。この曲を、末永く、聴いてください」と再びDAI語でアピールした。

出典:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/

出典:http://そうだったんだ.com/entertainer/1558/

 

おめでたい記事ですね。

世間も認めるお似合いのビッグカップルではないでしょうか。

さて、DAIGOといえば有名なのはDAI語ですよね。結婚会見の時、プロポーズの言葉も「KSK」→「結婚、して、ください」と、DAIGO節全開でした。

しかしこの略語、別の意味も込められているのはご存知でしたでしょうか?

聞くところによるとDAIGOらしい政治的内容が込められているとの情報が・・・

詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

close Don't Show Again